色彩理論 - どのように壁を配置する。

  • ホーム
  • 色の部屋
  • 花の歴史
  • 特徴色
  • ゲーム色
  • 壁をプッシュ
  • Somknemスペース
  • 壁を配置する方法
  • 塗料とワニス
  • 壁紙
  • ライニング
  • フローリング
  • カラフルなソリューション
  • 色彩調和
  • 色の組み合わせの種類
  • 花の象徴
  • ホワイト
  • グレー
  • レッド
  • オレンジ
  • イエロー
  • ベージュ
  • 英国スタイル
  • カントリースタイル
  • ロフトスタイル
  • オリエンタルスタイル
  • フレンチスタイル
  • 地中海スタイル
  • 北欧スタイル
  • エスニックスタイル
  • マリンスタイル
  • 植民地時代のスタイル
  • バスルーム
  • キッチン
  • リビングルーム
  • ベッドルーム
  • 保育園
  • 実用的な助言


  • 壁を整列する方法。

    完全に滑らかな壁は存在しない。 これまで彼のアパートでpokleit壁紙を所有しようとしている人は、この直接知っている。 修理のための垂直表面を準備するには、まず内部の部屋を維持するどのようなスタイルを決定する必要があります。

    色彩理論 - 壁を整列する方法



    ファッションの各方向の壁の外観のための独自の明確に定義された要件があり、そしてそれらのルールは厳密に従う必要があります。 画期的なこのようなバロック、古典、ロココと帝国のようなスタイルは、フラットで滑らかな壁を必要とする。 徹底的に仕事に絶対的な必要性の表面の滑らかさに近代的なアパートに達成するために。

    このような状況で最も売れている材料は、フィラーとみなされます。 触ると表面が滑らかで快適にするいくつかの層を適用するプロフェッショナルなアプローチで。 主なもの - "目で"何にどのような場合は何もインチ 一見そうでない場合は滑らかな、壁は簡単に前方に傾いたり、天井から逸脱することができます。

    したがって、すべての変更が垂直に固定されている必要があります。 壁と天井の接合部において角度はストレートはるかに困難であるように。 "魔法の"パテは、このような状況に役立つことができない場合には、モールディングでバンプを非表示にすることができます。

    色彩理論 - 壁を整列する方法



    それは非常に有用石膏や化粧しっくいになります。 一つ注意 - ファッションへの試み、独自のジュエリーは多くの時間と労力を要するが、おそらく肯定的な結果は得られません。 石膏 - かなり狡猾なもの、とプロの彫刻家であることに対処できる。

    壁や天井、ロゼット、列、柱と台座の接合部の設計のための成形品の様々な - 成形品の多くの種類があります。 画像のバリエーションはほぼ無限大です:ローマ帝国の古典から現代的なデザインの厳密な線形プロファイルに。

    漆喰は通常、壁や天井に飾られ、ミラーのための巨大なフレームは、また、石膏や化粧しっくいで作られたものの、完全に全体の構成を補完する。 専門家を雇うことは意志も手段もない場合、私たちはポリウレタンの軽量化と、より手頃な模倣で漆喰を置き換えることができます。

    この材料は、比較的最近登場したが、すでに伝統的な漆喰よりも堅牢で耐久性としての地位を確立しています。 真の、限定でパンチデコレーションを取得するとさえ夢見ることができない。

    お部屋は、現代的なスタイルで装飾され、完全に平らで滑らかな表面を必要としない、最高の装飾石膏となる。 この材料は、非常に良好な変装の欠陥であり、興味深い質感を持っており、内部の特定のアイデンティティを与える。

    装飾用の石膏は、2つのタイプに分けることができる - 構造、地形の使用は、救済自体の壁に表示さ​​れる図面で、特別な操作、およびテクスチャの結果です。

    両方は、曲線や凹凸面の芸術作品に最初の一目で回すのは複雑なテクスチャを壁に合わせての作業で優れた仕事をする。

     









    © 2011 Colorinteriors.ru
    あなただけのソースに直接、アクティブリンクを使用することができます!