色彩理論 - 壁紙。

  • ホーム
  • 色の部屋
  • 花の歴史
  • 特徴色
  • ゲーム色
  • 壁をプッシュ
  • Somknemスペース
  • 壁を配置する方法
  • 塗料とワニス
  • 壁紙
  • ライニング
  • フローリング
  • カラフルなソリューション
  • 色彩調和
  • 色の組み合わせの種類
  • 花の象徴
  • ホワイト
  • グレー
  • レッド
  • オレンジ
  • イエロー
  • ベージュ
  • 英国スタイル
  • カントリースタイル
  • ロフトスタイル
  • オリエンタルスタイル
  • フレンチスタイル
  • 地中海スタイル
  • 北欧スタイル
  • エスニックスタイル
  • マリンスタイル
  • 植民地時代のスタイル
  • バスルーム
  • キッチン
  • リビングルーム
  • ベッドルーム
  • 保育園
  • 実用的な助言


  • 壁紙。

    治療後は、壁は漆喰やパテ、塗料や壁紙を飾るのターンをしています。 壁紙は、主に耐湿性が異なります。 従来の紙の壁には、プロセスを掃除機、乾燥のみのワイピングが可能ですが、表面にブラシを触れることなく。

    色彩理論 - 壁紙



    防水壁紙は、化学薬品を使用せずに湿らせたスポンジまたは柔らかい布で洗浄することができます。 洗える壁紙は、上記のすべてのための洗剤と耐水性で洗浄に耐えることができます汚染を除去するために偉大な方法があります。

    壁紙のテクスチャは小さな押し出し、マルチパターンで、レリーフパターンで、スムーズに分類される - 深い厚い壁紙パターンで。 さらに、重要な役割は、それらが行われるの材料による演奏。

    紙の壁紙が用意されていますし、簡単でお部屋を介して貼り付けるには迅速です。 3〜5年の寿命 - - その短い生涯のために彼らが最も安いです。 彼らは環境に優しく、壁が"呼吸"とわずかにその熱伝導率を大幅に削減することができますが、かなり部屋の防音を増加させる。

    大きな欠点は、小さな紙の壁紙の強度であり、それらは湿度の高い部屋では使用できません。 90年代半ばのロシアで旧紙の壁紙の別々のタイプ、非常に人気 - 壁紙。 その根拠は、特定の雰囲気を作成するために設計されたカラー画像と紙です。

    色彩理論 - 壁紙



    一般的に、子供の部屋と廊下で使用されている壁紙のこのタイプ。 ビニール壁紙は、2つの層から構成されています。 ポリビニルの紙基材層の下部にある、としエンボス加工や塗装による画像を作成します。

    ビニール壁紙の別のタイプは、シルクスクリーンで、それは完全に壁の凹凸を隠す、レリーフの種類を作成するシルクの糸、の最上層を持っています。 ビニール壁紙は、耐久性、軽い柔軟性と防水性などの効果に非常に耐性のある紙の壁は、"生き残る"と週にしない貼り付けキッチン、廊下、ラウンジ、さらにバスルーム、使用することができます。

    ビニールの唯一の欠点は、 - 複雑な技術のアプリケーションです。 接着剤壁紙を適用するときにひどく延伸し、乾燥した壁に - 圧縮されている、これはギャッピングが発生する可能性があります。 最近建材市場otnostitelno従来の紙から根本的に異なる壁紙の膨大な数。

    たとえば、木質系壁紙の数:コルク(コルク樫の樹皮から作られる)、彼らは、パネルを仕上げより安い50x70センチメートルも少ない時間と労力を必要とする布やシートサイズで販売されている木材のベニア、に基づいて壁紙部屋をラップすることによって。

    壁紙の製造のための天然素材に加え、最近では本当に素晴らしいメディアを適用する。 今いくつかの例のために、驚くことができる、金属、ガラス、敷物、さらには"液体"の壁紙があります。

    主なものは - 慎重にそのプロパティを調べ、どんな壁紙の仕様に販売者に相談し、彼らが行くことができる部屋を見つけて、それらの使用は強く推奨されている場所。

     









    © 2011 Colorinteriors.ru
    あなただけのソースに直接、アクティブリンクを使用することができます!